1. ホーム>
  2. 美肌外用薬

美肌外用薬のご説明

持続活性型ビタミンCクリーム【白いクリーム】

【使用方法】 1日2回 顔全体、首などに(しみ、しわ、ニキビが気になる部分に)化粧水の後メイクアップの前に使用してください。
【薬の働き】 持続活性型ビタミンCを高濃度含有しています。
(1)美白作用
(2)ニキビ、赤ら顔の抑制
(3)皮脂分泌の抑制作用
(4)しわの抑制ときめの細かい肌
(5)抗炎症作用(活性酸素の消去作用)
【使用上の注意】 乾燥に注意が必要です。 クリームが、酸化すると、肌にダメージを与えるため、
2ヶ月で使い切るぐらいと考えてください。

リコラスPTクリーム【やや黄色っぽい白いクリーム】

【使用方法】 1日2回 顔全体、首などに(しみ、しわ、ニキビが気になる部分に)メイクアップの前に使用してください。
【薬の働き】 油溶性甘草エキスを高濃度含んだ外用剤です。
水溶性甘草エキスは、以前より抗炎症作用が知られていましたが、
油溶性甘草エキスが美白作用を有することが明らかになりました。
【使用上の注意】 クリームが酸化すると、肌にダメージを与えるため、2ヶ月で使い切るぐらいと
考えてください。

リフティングエッセンス【白い乳液】

【使用方法】 1日2回 顔全体、首などに(しみ、しわ、ニキビが気になる部分に)ビタミンCクリーム、リコラスPTクリームの前に使用してください。
【薬の働き】 人参に含まれるビタミンAを高濃度含有しています。
創傷治癒過程を促進する作用があります。
コラーゲンの産生を促進し、メラニン色素が作られるのを抑える作用があります。
【使用上の注意】 冷蔵庫で保存してください。
赤くなったり、粉が吹いたように皮膚がむけたり(ピーリング効果)することがあります。
乾燥している場合は保湿を充分してください。
酸化すると、肌にダメージを与えるため、2ヶ月で使い切るぐらいと考えてください。
異常が認められたら医師に御相談ください。

Lumixyl【ルミキシル】

【使用方法】 1日2回 しみ及び顔全体
【薬の働き】 メラニン色素が作られるのを抑え、脱色作用があります。
【使用上の注意】 日焼けに注意していただく位で、
特にはございません。

ハイドロキノンクリーム【赤いふたの容器】

【使用方法】 1日1~2回 しみの部分に。
【薬の働き】 メラニン色素が作られるのを抑え、脱色作用があります。
【使用上の注意】 冷蔵庫などの冷暗所の保存が望ましいです。
しみ以外の部分に使用すると、その部分が最初白くなるため,かえってしみが濃くなったように見えます。
また、色素脱出する事もあります。
人によっては激烈な赤味、ひりつきを生じる事があります。
使用に際しては細心の注意が必要です。

AZAクリア【クリーム】

【使用方法】 1日1~2回 しみ及び顔全体(にきび部)に。
【薬の働き】 アゼライン酸は、チロナーゼ活性阻害作用があり、これによる脱色作用があります。
【使用上の注意】 しみ以外の部分に使用すると、その部分が最初白くなるため,かえってしみが濃くなったように見えます。
人によっては赤味、痒み、ひりつきを生じる事があります。

トレチノイン軟膏

【使用方法】 1日1回 しみの部分)に。
【薬の働き】 レチノイン酸が肌の基底層あたりに働きかけて、コラーゲンを作り出しターンオーバーを
【使用上の注意】 冷蔵庫などの冷暗所の保存が望ましいです。
極少量でも非常に強力な美容作用を発揮します。

いいだ皮膚科形成外科

  • 三重県鈴鹿市中江島町15-15
    TEL:059-380-2700
    FAX:059-380-2701

メディカルエステμミュー

  • TEL:059-388-5508
いいだ皮膚科形成外科

モバイルサイト
携帯でQRコードを読み取り
アクセスしてください。